シロアリ防除

 ■ 無料点検の流れ


 大切なお住まいを少しでも長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠と
 なります。普段見ることの出来ない床下を、お客様に代わって点検させて頂き、現状を分
 りやすく正確にご報告します。必要に応じて、とって頂いた方が良いと思われる対策をご
 提案させて頂きますが、
決して強引な押し売りは致しませんので、ご安心下さい。
 お住まいに関して何かお困りの事がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

 無料点検の一般的な流れは次の通りとなります。

 ただし、
家の構造上の問題やお客様のご意向で、順番を前後したり、一部作業を省略する
 場合もあります
ので、ご了承下さい。


  床下無料点検の流れ

           

 【1.お申し込み】
 【2.訪問日時のお打ち合わせ】
 【3.点検担当者がお客様宅へ訪問】


点検担当者がお客様宅へ訪問  「羽アリが出た」「シロアリの被害を発見し
  た」「柱がボソボソする」「床がふわふわす
  る」
等の症状でお困りの事がございましたら
  、お気軽に最寄の弊社取扱JA各支店または
  直接弊社へ無料点検をお申し込み下さい。
  直接弊社へお申し込みの場合はその場で、
  JA経由の場合はJAからの連絡が入り次第
  、弊社からお客様宅へご連絡を差し上げ、訪
  問日時を打ち合わせさせて頂きます。
  予定日時に点検担当者が原則1名でお伺いし
  ます。
  ご挨拶の際は、必ず名刺をお渡ししますので
  、ご確認下さい。


 【4.点検内容のご説明】

点検内容のご説明   訪問の趣旨、点検内容、点検方法等を分りや
  すくご説明いたします。
  同時に、お客様が現在お困りの事やご依頼さ
  れた直接のきっかけ等をお聞きします。
  このヒヤリング調査が、点検の際に重要な情
  報となりますので、出来るだけ詳しくお聞か
  せ下さい。


 【5.床上のチェック】

床上のチェック   床下からでは確認できない浴室・トイレ・玄
  関等の柱の状態を確認します。
  合わせて、タイル面に亀裂が無いか、タイル
  面が浮き出ていないか等のチェックも行いま
  す。
  必要に応じて、シロアリ探知機「
ターマトラ
  ック
」を用いて、シロアリの生息状況を確認
  します。
  この他、床のぶかつきやお客様の気になられ
  ている箇所をチェックします。


床上のチェック


 【6.間取り図の作成】
 【7.外回りのチェック】

間取り図の作成   床下の状況を正確に把握する上で必要なため
  と坪数を算出するために、部屋の間取りを取
  らせて頂きます。
  家の図面をご用意して頂ける場合は、図面を
  写させて頂くこともあります。

  

間取り図の作成   正確な図面を作成するために、外からも確認
  させて頂きます。
  その際、換気口が物や踏石等で塞がれていな
  いか、基礎にひび割れが無いか、建物の近く
  に材木が放置されていないか、杭や枕木など
  シロアリの餌となり得るものが周辺に無いか
  等を合わせてチェックします。


 【8.床下進入口の確認】

床下進入口の確認   キッチンに床下収納庫がある場合は、収納庫
  を取り出して床下へ進入します。
  無い場合は、和室の畳を1~2枚持ち上げて、
  その下の床板をめくって床下へ進入します。
  外のけこみ板を外して、進入する場合もあり
  ます。


 【9.床下へ進入します】

床下へ進入します   進入口周りが汚れないよう、しっかり養生し
  ます。

  
床下へ進入します   つなぎに着替え、懐中電灯・バール・デジタ
  ルカメラ・間取り図等を持って、床下へ進入
  します。


 【10.床下点検を行います】

床下点検を行います   被害の有無・被害程度・腐れやカビの有無・
  配管の異常や水漏れの有無・内基礎の入り方
  等を目視やバール等での打診によって確認し
  ます。
  必要に応じて、デジタルカメラで撮影します。


 【11.点検結果のご説明】

点検結果のご説明   点検で確認できた状況を分りやすくご説明し
  ます。
  間取り図を用いて、具体的な被害箇所や被害
  程度、通風の状態等をご説明し、専門家の立
  場からお住まいをより長持ちさせる上で、必
  要と思われる改善策をご提案させて頂きます。
  お見積りがご入用の場合は、その場で提示さ
  せて頂きますので、ご家族の皆様とご相談し
  て充分にご検討下さい。



                                         ▲ ページトップに戻る