住宅用遮熱材 トップヒートバリアー







 同じ気温25℃でも、日向に出ると汗が吹き
 出るような暑さを感じますが、建物の影や
 木の影に入ると涼しく感じます。
 それは、日向では太陽から大量の輻射熱が
 体に照射され、体自体が熱を持ってしまう
 のでより暑さを感じますが、日陰では輻射
 熱の一部がカットされ、体が受ける輻射熱
 の量が少なく涼しさを感じるためです。
 このように暑さ寒さは、気温や湿度だけで
 なく
輻射熱の量も重要な要因なのです。






 全米の多くの機関の報告として建
 物を出入りする熱を伝導熱・対流
 熱・輻射熱の3つの移動形態に分
 けると右図のようになります。
 屋根・床・壁どれを見ても赤色の
 
輻射熱が大きく、その量は全移動
 熱量の75%
を占めています。
 その輻射熱を阻止するには断熱材
 よりも遮熱材の方が有効で、
トッ
 プヒートバリアーは98%を反射

 することができます。






 窓の結露が止まった!!
   施工ありとなしで
  
温度差 なんと5℃!!
 
 遮熱すると室内の温度差が少なく
 なる事によって、対流の速度が遅
 くなり、サッシへの熱の供給量も
 少なくなります。このため、この
 家では
サッシの結露が止まりまし
 た。


 さらに床上の温度は遮熱施工前が14℃であったのに対し、遮熱施工後は19℃と5℃も
 上昇
。冬の寒さが大幅に緩和されました。








 * 熱中症対策に効果的   遮熱をすることで体温の上昇を防ぎ、室内での熱中症を
                防ぎます。



 * 冷房病対策に効果的   エアコンの使用頻度が非常に少なくなりますので、冷房
                病対策には効果的です。



 * 脳卒中対策に効果的   室内の温度差が少なくなり、冬場のヒートショックを防
                止します。









 木造2階建ての2階天井裏のみにトップヒート
 バリアー THB-M 0.2mmを施工した場合の電
 気料の削減量を調べてみました。
 この2年間で電気設備等の増減は無かったの
 で、電気使用量の差を冷暖房費の削減としま
 した。
 遮熱施工による省エネ効果






 カラー品や光沢のない「梨地」が特徴です。












                                         ▲ ページトップに戻る